廃車買取のメリット

廃車買取のメリットについて

車が交通事故などでもう走れなくなったり、長い年月乗り続けたことで動かなくなった場合、まず買取してもらうことを考えると思います。しかし買取査定してもらっても0円だったらどうしますか。買取してもらえない車は廃車にするのではないでしょうか。
実は、中古車販売業者やディーラーに車を持ち込んだだけでは廃車したことにはならないのです。なぜなら、中古車販売業者やディーラーでは車の解体作業はできないことになっているからです。単に代行しているにすぎない訳です。
解体業者やリサイクル業者が車の解体を終えたという報告があって初めて抹消登録の手続きができます。
ですので、中古車販売業者やディーラーに依頼すると代行費用を余分に高く請求されている可能性があります。

ではどのようにすれば良いのかというと、廃車にしたい車があったら中古車販売業者やディーラーではなく、直接解体業者やリサイクル業者に廃車依頼をすることが得策です。
直接解体業者やリサイクル業者に持ち込むメリットは2つあります。
まず代行費用が安くなるというメリットと、お金が戻ってくるというメリットです。
中古車販売業者やディーラーを挟むことで中間マージンが発生したのが無くなるので、代行費用を安くすることができます。
また車検がまだきていない車だと、自動車税や重量税、自賠責保険の還付金が戻ってくるかもしれません。しかし業者によっては戻ってこない場合もあるので依頼する前に確認が必要です。
それからもうひとつのパターンとして、車のパーツをリサイクルできるということです。
解体業者の中には、リサイクル品を国内や海外で販売している業者もいます。海外では古い車のパーツの需要がとても高いです。なぜなら海外では車がどんなに古くても走りさえすれば良いという考えのところもあります。アスファルトではない道を走ることもあり、それが故障の原因にもなります。そのため古いパーツの需要があり高い値段で売れるのです。車に関しては日本よりもずっとリサイクルの観念が高いと言えます。

このようにできるだけリサイクルをしてもらいたいという方には、ホームページなどで調べると海外にパーツを販売していることを紹介している解体業者もいるので活用していただきたいです。車にとっても自分にとっても、また海外でパーツを買って使う方にとっても、地球にとっても大きなメリットになるのではないでしょうか。
それから、解体業者やリサイクル業者の中には悪徳業者がいないとも限らないので、陸運局が発行している証明書を送ってもらうようにして確認をしましょう。送ってこないような業者には依頼をしないようにしましょう。
車を廃車にするときには、信用できる業者を選んでぜひ利用してみてはいかがでしょうか。”

Copyright(c) 2016 廃車買取を行う際の注意点 All Rights Reserved.